冷やかし(キャッシュバッカー・ポイントゲッター)の正体

出会い系の冷やかしとは?

実は、どんなに優良な出会い系サイトにも、出会いが目的ではない、あるいは出会い探しの気持ちが薄い女性達が少なからずいます。

 

彼女らが「冷やかし」です。でも、一体何のために出会い系サイトに参加しているんでしょうか。まずは、冷やかしが発生する背景からお話ししますね。

 

いわゆる「出会える系」では、女性は掲示板に投稿したり、男性とメールをやり取りしたりすると、ポイントがもらえるようになっています。そして、その貯めたポイントを現金に交換できる仕組みをキャッシュバック制度と言います。

 

女性会員の獲得に力を入れている出会い系サイトであれば、ほぼ例外なくこの種の女性向け特典を用意しています。

 

いや、「ほぼ例外なく」というより、現金には換えられなくても、WEBマネーや景品に交換できるマイレージ制度まで含めれば、100%と言ってもいいと思います。

 

キャッシュバック制度は悪か?

で、これらの制度自体は、本来はいかに女性会員を増やすか、いかにメール交換を活発にするかという発想から生まれた刺激策。ですから、この制度があると、女性からのメール返信率は高くなります。

 

別に出会い系サイトに限ったことではなく、会員を集めたり、利用をうながしたりするために、似たような仕組みを取り入れている業界は沢山ありますよね。

 

逆に言えば、女性会員を集める努力もせずに手っ取り早くサクラを雇ってしまうような悪徳出会い系には、キャッシュバック制度やマイレージ制度なんて必要ないわけです。

 

実際、この制度のメリットをうまく生かして活性化しているサイトも間違いなくあります。例えば、ハッピーメールなどは良い例で、活動的な女性の多さはおそらく業界ナンバー1と言ってもいいでしょう。

 

ですから、これらの制度そのものは悪ではないと言えます。でも、この制度をしっかり運用する体制がないと、とてもマズいことになるんです。ん?マズいこと??

 

特典を悪用する女性達

そう、出会い目的などそっちのけでこれらの特典を悪用する女性会員が増えてくるわけですね。彼女らが「冷やかし」の正体です。

 

そのうち、キャッシュバック制度でセコセコと小遣い稼ぎをしている人達がいわゆるキャッシュバッカー(CB)、マイレージ制でポイントをためるのに熱心な人達はポイントゲッターなどと呼ばれています。

 

彼女らは、メールでは盛り上がってるのにいっこうに直アド交換に応じない、いっこうに会う話に進展しない…こんな風に、サクラとよく似た反応をするんですね。

 

そして、その正体は一般女性だけに、サクラが一切いない優良出会い系サイトにだって、多かれ少なかれ、冷やかしは生息しているわけです。

 

中でも、よりタチが悪いのは現金に対する執着が強いキャッシュバッカーのほう。実際、複数の携帯を使って生活費を稼いでいる「職業的キャッシュバッカー」なんてのもいるようです。

 

そこまでいくと、もうサクラと何ら変わりませんよね。サクラ化した素人と言っていいでしょう。パートに出て働いたらどうかと思うんですが(^_^;)

 

で、先に「しっかり運用する体制がないと、マズいことに」と書いたのは、キャッシュバックの設定が好条件な上に管理がユルいと、キャッシュバッカー達がイナゴの大群のように集まってきて、サイトを食い荒らしてしまうんですね。

 

事実、多くの紹介サイトで「サクラがいない優良出会い系」なんて書かれていても、開けてみたらキャッシュバッカーの巣窟でさっぱり会えんわいってサイトもあるんです。

 

今は大改革の成果が出て復活したものの、ひと昔前のイククルなどはその典型でしょう。

 

そうです。キャッシュバック制度本来のメリットを生かすためには、適正なキャッシュバック条件の設定と厳しい管理体制が必須になるわけです。

 

Next Page

冷やかしには会えるのか?

優良出会い系ベスト8