出会い系の冷やかしを見抜く方法

冷やかしを見抜け!

サクラや業者はしっかり優良出会い系サイトを選べば、その時点でバッサリ切り捨てることができます。でも、冷やかしがちょいとやっかいなのは、程度の差こそあれ、どんなに優良なサイトにも普通に棲みついているところ。

 

この見極めこそが出会い系攻略のキモと言ってもいいかもしれませんね。

 

ただ、どんなネットナンパの達人だって、冷やかしを100%見抜くのは不可能。なんせ素人女性だけに、サクラや業者ほどあからさまなエロ光線や激カワ写メで攻めてくるケースは少なく、かえって判別しにくかったりするんですね。

 

それに、サクラや業者は100%ブラックですが、冷やかしの場合は本人が「ちゃんと出会いを探してるのに、いい人が見つからなくって」とのたまえば、有罪を確定できないグレーな世界なのです。

 

と言っても、こんな特徴を知った上で経験を積んでいくと、冷やかし感知レーダーの感度は研ぎ澄まされてきます。

 

メールが短文ばかりだ

特に「職業的キャッシュバッカー(⇒冷やかしの正体参照)」の場合、複数の男達をキープしながら、いくつものやり取りを同時にさばいています。ですから、1つ1つのメールは短文になりがちなんですね。

 

ただ相槌を打つだけ、こっちが投げた質問に対して一言二言の短い答えが返ってくるだけ、他愛もない短い質問を投げかけてくるだけ、こんな短文メールが3、4回続いたら注意信号。

 

深入りしないほうが良いかと。

 

それに、そんなやり取りばかりじゃ、僕ら男だってつまらないですよね。こっちからサクッと切って、次の女性にターゲットを移すべし!

 

ほぼ毎日掲示板投稿

女性の場合、1回掲示板にメッセージを書き込めば、普通は結構な数のメールがもらえるもの。

 

もちろん、1〜2回で好みの男性が見つかるとは限りません。それでも、4〜5回投稿すればかなりの数の男性とコミュニケーションが取れるわけです。数十人と考えていいでしょう。

 

それだけの人数とやり取りすれば普通、1人くらいはメールを続けようと思える男性がいるはずですよね。そして、その人とやり取りしている間は、一時、掲示板投稿をストップするのが常識的な感覚を持った女性です。

 

にも関わらず、何日も連続で掲示板投稿を続けている…これは明らかに不自然。中には1〜2週間ぶっ続けで毎日投稿している人もいます(^_^;)

 

これは高確率で冷やかし。でなくても、援、デリ、もしくはよほどその女性に魅力がないかのいずれかでしょう。関わらないほうが良さそうですね。

 

ピュアとアダルトに投稿

真面目な出会いを探している一般女性は、アダルト掲示板には投稿しません。ピュア掲示板だけを使います。ですから、両方に投稿してるということは少なくとも、真面目な出会い希望じゃないことはすぐに分かりますよね。

 

でも、大人の出会いを探している女性の場合、ピュア掲示板に投稿することもあるのでは?

 

もちろん、その可能性もゼロじゃありませんが、本当にアダルト目的の一般女性ならアダルト掲示板だけ使えばいいわけで、別にピュア掲示板を使う必要はないのです。

 

全く正反対のカテゴリーであるピュアにも書き込むということは、別の目的があるサインと考えられるのです。

 

そう、要は真面目な出会いでも大人の出会いでもなく、とにかく男の人数を確保することこそが一番の目的である可能性が高いわけです。ただ単に、大勢の男子達の目につくよう、カテゴリー関係なくあちこち書きまくってるだけ。

 

性格が180度異なるカテゴリー両方に書き込んでいるのは冷やかし、でなければ援、デリの類の可能性大なのです。

 

いっこうに直アド交換しない

1、2通のやり取りで直アド交換を迫っても応じてくれないのは当たり前(逆に応じてくれたら、それは業者の可能性大!)。

 

でも、メールのやり取りは盛り上がっているのに、直アド交換を提案すると急に尻込みしたり、「ごめんね、ちょっと早すぎかも。もう少し、●●さんのこと知ってからじゃないと…」などとはぐらかす…。

 

もちろん、直アド交換と言っても別に携帯の本アドを強要するのではなく、yahooメールなどのサブアドでいいのです。本当に出会い目的のコなら、ある程度仲良くなった段階でサブアドくらいは教えてくれます。

 

にもかかわらず、いっこうに進展する気配がないのは高確率で冷やかしやサクラ。もしくは残念ながら、そもそもこちらにさほど好意を持ってないってこと(-_-)となれば、深入りせずにサクッと次のコに行ったほうが利口です。

 

地域ネタが苦手

職業的キャッシュバッカーの中には、全国の男性を相手にしている輩もいます。そんな時の対応策は、サクラを散らす対策と全く一緒ですね。

レーダーが反応したら…

というわけで、こんな特徴に冷やかし感知レーダーが反応したら、いつでも引けるように用心深くやり取りしましょ。

 

ただ、冒頭に書いたように、ネットナンパの達人ですら冷やかしを完璧に見抜くのは難しいわけです。ですから、もう1つの対処法として出会い系メールの大切なセオリー「損切り」を覚えておく必要があるのです。

 

Next Page

出会い系メールの損切りとは?

優良出会い系ベスト8