美人局の手口と対策

美人局って何だ?

ここまでかなりコッテリ気味に書いてきたサクラ、業者、冷やかしというのは、出会い系サイトで実際に会う(いわゆる面接する)手前の過程で僕らを邪魔する悪人達でしたね。

 

でも、これら「出会い系3悪人」とは別に、面接してから悪事をはたらく輩がいます。それが最後の悪人、美人局(つつもたせ)

 

字だけ見ると、何だか美人なお姉さんばかり集まっている楽園のようなイメージを持ってしまう人(←僕のことです)もいるかと思うのですが、とんでもない!

 

女性の誘いに乗って会いに行ってみると、そこに女性とグルの怖いお兄さんが登場。やってきた男性から金品をゆする犯罪のことを美人局と言うのです。

 

例えば、こんな猿芝居が繰り広げられるんですね。

 

誘われるままに女性の自宅に行ってみたら、そこにそのコのダンナやら彼氏やらを名乗るイカツい男が登場。「わしの女に手を出すとはいい度胸じゃのう…」と凄みをきかせ、慰謝料を巻き上げる。

 

あるいは女性に指定されたホテルに行ってみると、ガラの悪い複数のお兄ちゃん達に囲まれ、「うちの妹に何しとんじゃい!淫行条例違反で通報されたくなけりゃ銭出せや!」と恐喝された…。

 

この美人局の被害は別に出会い系サイトだけに限ったことではなく、グリーやモバゲーなどの一般のSNSでも多いと聞きます。

 

美人局に引っかかりやすい人

でも、美人局に引っかかりやすい人と全く引っかからない人がいます。

 

ちなみに、僕自身も出会い系サイトを利用して3年あまりの間、一度も被害に会ったことがありません。ですから、美人局を回避することは、そう難しいことじゃないと思っています。

 

引っかかりやすい人というのは、ズバリ!「即アポ・即会い・即H」を狙っている人達なのです。そのような男性達をターゲットにして、こんな手口で罠を仕掛けてくるんですね。

 

  1. 妙に積極的に会いたがる、しつこく会いたがる。
  2. エロエロビーム全開で誘惑してくる。
  3. 簡単に直アドや電話番号を教えてくる。
  4. 援、あるいは逆援を持ちかけてくる。
  5. 初デートで自宅に誘ってくる。
  6. 初デートでホテルに誘ってくる。しかもホテルを指定してくる。

 

1〜4まではサクラや業者、冷やかしなどの「出会い系3悪人」の手口とも通じるものがありますよね。

 

これまでも繰り返し書いてきたように、一般的な常識がある女性は絶対にこうした軽はずみな行動に出ないもの。でも、即アポ・即会い・即Hというピンク色の妄想にとらわれていると、つい、こんな手口に引っかかってしまうのです。

 

やっぱり即アポ・即会いではなく、メールや電話でちゃんとコミュニケーションを深めてから会うことが一番の美人局対策なんですね。こんな点からも、お金で即会いする援の類はおすすめできません。

 

万が一に備えて…

美人局の被害はほとんどの場合、初めて会うときに発生するようです。ですから、初デートの際には万が一に備えて、こんなところにも気を付けておくと良いですね。

 

  • カードは持って行かずに現金のみ。
  • 持っていく現金は必要最小限に。
  • 運転免許証、名刺などの住所や勤め先が分かるものを持って行かない。もしくは絶対に見せない、渡さない。
  • 相手の車に乗らない、相手の家に行かない、指定されたホテルには行かない。
  • 相手が指定してきても、人けのない場所では会わない。

 

いずれにしても、おいし過ぎる話には絶対に飛びつかないように!

 

出会い系3悪人の手口であれ、美人局の手口であれ、リアルの常識で冷静に考えた時に出来すぎた話には何か裏があるってことですよね。

優良出会い系ベスト8